ソシテアルイハ BLOG
ソシテアルイハブログ
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごあいさつ
ソシテアルイハでヴァイオリン(Vn)を弾いてますSilentHです。初投稿ですので、ヴァイオリンとの出会いについて身上話をいたします。

世間ではヴァイオリンというと、金満家庭の英才系音楽教育の代表格といったイメージがありますが、残念ながら自分の場合は違います。

高校生のときに、ふと「楽器の一つもできないのは人間としていかがなものか」という強迫観念から、ギターやら吹奏楽やら合唱やらの部活動を逍遥したところ、男子校の癖に「弦楽合奏部」なる弱小クラブがございまして、そこに入部したわけです。

入部の理由は、「祖父が楽器を持っているので、タダでもらえるから」というもので、経済的な事情によるところが大きかったと記憶しています。高校生には10万円以上する楽器を自力で買うという経済観念は存在しなかったんですね。

大学進学後オーケストラに入りましたが、オケメンは「3歳からVn始めました」系のそれはもう超絶技巧な人ばかりで、深い劣等感を抱いておりました。

で、逆に「こんなにたくさんいるんだ。俺の音はどうせ聞こえまい。」と、熱さが取り得の自己流ノイズを吐き出しておりました。当時「Vnのヘッドバンカー」といえば、不肖この私のことでした。

ようやく周りに合わせて普通に楽器が弾けるようになった頃に、その熱いプレイスタイルがごく一部の後輩に評価されていたことを知るのですが、全然嬉しくありません。まあ、同じように下手な連中だったので、何か共感するものがあったんでしょう。

さて卒業後、楽器からも離れ3年が過ぎ、たーぼーがこのバンドのメンバーを募集したときに、どういうわけかまた弾いてみたいと思い、至る現在です。どうせやるならオーケストラでは絶対できないような超絶変態プレイをしてやりたいと心に誓い、自称御洒落ポップに精進しております。

長文になりました。秋頃にはライブやりますので、その節にはどうぞよろしくお願いします。【SilentH】
コメント
コメント
へぇ~
そうだったんだ、知らなかったよ。
2007/08/21(火) 15:01:09 | URL | うにゃら #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。